NPO法人 河口湖自然楽校
  • 被災されたご家族や子どもたちを無料で受け入れています
  • 受入れ状況(PDF)
  • ※キャンプフレンズの人数は記事内に掲載します
見守る里親の会が発足しました

概要と登録フォーム

2012-8-31 現在

被災地へ先端技術を備えた トレーラーハウスを!

ボランティア活動をがんばる仲間を募集しています

ご案内と応募フォーム

前の記事 | 次の記事

「生きるチカラキッズキャンプ」キャンプフレンズ近況報告会レポート

2012年3月11日、「東日本大震災」から一周年の日に「河口湖自然楽校」として取り組んで来た被災地支援活動「生きるチカラキャンプ」に参加したキャンプフレンズの近況報告会が開催されました。当日は、被災地から避難先として参加されたキャンプフレンズ、ボランティアとして参加されたキャンプフレンズが約90名集まってくれました。

近況報告会一部は、清水国明楽校長のあいさつのからスタートし震災の同時刻、午後2時46分には1分間の黙祷が行われました。

その後、被災者、ボランテイィア、それぞれのキャンプフレンズの近況報告と、今回参加することができなかった方からのメッセージが紹介されました。

 

一部の最後には、ゲストとしてご参加いただいた、山梨県都留市在住の歌手であり植樹活動家の「しらいみちよ」さんによる鎮魂の歌「アメージングストーリ」が流れ、みんなで被災地に想いをはせました。

一部終了後、会場のセッティングが華やかにガラリと変わり、ボランティアとして「河口湖自然楽校」で出会った西東さんと泉さんの結婚式が開催されました。お二人は、これからも被災地の復興支援を継続したいと、震災から一年であるこの日と活動の拠点である河口湖自然楽校を式場として選んでくれました。会場は、手作りながら、ボランティアみんなのチカラで準備され、会場のキャンプフレンズみんなに祝福された素晴らしい結婚式となりました。
つらく悲しい一年の中での小さな明るい未来です。

最後に全員で会場を移動してバーベキューを食べながらの交流会となりました。

今回の会合には、本当にたくさんの人たちにご出席いただきました。心より御礼申しあげます。幸い、参加者からも、今回の様な会合をこれからも定期的に開催して欲しいとの要望もあり、主催者としてありがたく思っています。

今回の報告&交流会を終えて、わたしたちはあらためて支援活動の想いを新たにしました。
復興どころか場所によってはまだ救命のステージも終えていない被災地の現状を考えるとき、河口湖自然楽校ではこれからも支援活動を継続してまいります。ひきつづきのご支援をお願い申しあげます。

                                 NPO法人河口湖自然楽校 代表理事 阿部修治